沖縄クリーン工業ホームページ

お問い合わせは携帯からも0120-094-889営業時間 8:30〜17:30 日・祝祭日休み

お急ぎの方はこちら携帯からも24時間0120-094-889
メニュー
石川リサイクル工場 - 木質系廃棄物の破砕処理について

石川リサイクル工場 - 木質系廃棄物の破砕処理についてishikawa

木質系廃棄物石川リサイクル工場イメージ

木質系廃棄物を破砕処理し、堆肥等の原料としてリサイクルしています。

石川リサイクル工場では、伐採・除草された木質系廃棄物の破砕処理を行い、良質なチップ・オガ粉を製造・販売しております。
環境に優しいリサイクル運動に積極的に取り組んでいます。

石川リサイクル工場では施設見学も募集しております。
ご希望の方は「お問い合わせ」ページもしくはお電話(Tel:098-982-5910)にて、事前連絡をお願い致します。

木質系廃棄物処分の流れ

木質系廃棄物処分の流れ① 木質系廃棄物処分の流れ② 木質系廃棄物処分の流れ③
松くい虫被害木や、県内自治体による公園・道路管理に伴う除草管理時に発生した木質系廃棄物。 石川リサイクル工場へ運ばれます。 大型破砕機『ビースト』2680型を使用し、それぞれのニーズに合った木質チップを提供致します。
伐採木くずの処理工程フローはこちら

木質系バイオマスのリサイクル資料について

石川リサイクル工場リーフレット 剪定木・倒壊木・除草後の木質系廃棄物リサイクル処理の流れ リーフレット簡易版
石川リサイクル工場リーフレット(1MB)  剪定木・倒壊木・除草後の木質系廃棄物リサイクル処理の流れ(1MB) 簡易版 (1MB)

木質チップの販売

マルチング用敷材
ウッドチップ(一次破砕):画像 ウッドチップ(二次破砕 30mmアンダー):画像
ウッドチップ(一次破砕) ウッドチップ(二次破砕 30mmアンダー)
土壌改良材(30mmアンダー) 畜産関係用水分調整資材用
草木チップ(二次破砕):画像 オガ粉(12mmアンダー):画像
草木チップ(二次破砕) オガ粉(12mmアンダー)

※ 弊社は、剪定木・倒壊木・除草のみを使用し、建設廃材は混入しておりません。
※ 購入希望の方は、石川リサイクル工場までご連絡ください。 098-982-5910

※弊社では、金武町の畜産環境総合整備統合補助事業に
参画し、関連会社「株式会社金武有機堆肥センター」にて、
安全な堆肥つくりを応援しています。

株式会社金武有機堆肥センター:バナー

家から出た伐採木類を引き取ってもらうことは可能ですか?
家庭から出たものに関しては、まず各市町村の担当窓口にて相談してください。
処分量が多い等の理由で引取りが難しい場合は、石川リサイクル工場または西原事業本部にてお引き取り致します。

また、弊社では収集運搬も行っておりますが、回収費用等で金額は高めとなります。すぐに引き取って欲しい等の場合は、石川リサイクル工場へご連絡ください。

098-982-5910

事業者様に関しては、有料で引取りを行なっております。新規の場合は事前にご連絡ください。

なお、石川リサイクル工場で引き取り可能なものは生木のみとなっており、ビニール袋等についてはお持ち帰って頂いております。ご了承ください。

木質系廃棄物であれば、引き取ってもらえますか?
石川リサイクル工場では剪定枝のみ引き取っております。建設廃材は西原事業本部にてお引き取りしております。
「CCA判別装置 Wood sacn」について
CCA判別装置作業の様子
石川リサイクル工場では、伐採木や剪定枝のみの受入を行なっており、基本的には建築廃材の混入はありません。
ですが、チップやオガ粉の納品先、特に堆肥センターや農家様から問い合わせ頂くことが多くなったため、この度、『CCA木材』を判別する装置を導入することとなりました。

CCA木材とは、建築廃材などクロム銅ヒ素などの重金属系の薬剤で処理されたもので、10年前までは建築用木材(シロアリ防除用)として使われていました。(現在はほとんど使用されていません。)

この解体現場から排出される廃木材の中には、『CCA木材』が混入されていることが多く、埋め立て処分または焼却処分しなくてはなりません。
またチップ化されてしまうと見分けがつかなくなり、知らずに堆肥の水分調整資材に使ってしまったり、マルチング資材として畑に使用してしまい、野菜から重金属が検出されるという危険性もあります。

弊社のチップ・オガ粉は、この判別装置で日々チェックを行い、より「安心・安全」が証明されたものをご提供しております。

ページの先頭へ