沖縄クリーン工業ホームページ

お問い合わせは携帯からも0120-094-889営業時間 8:30〜17:30 日・祝祭日休み

お急ぎの方はこちら携帯からも24時間0120-094-889
メニュー

ホースライニング工法hose_lining

ホースライニング法は、熱硬化性樹脂を含浸させた材料を既設管きょ内に、反転加圧させながら挿入し、既設管きょ内で加圧状況のまま樹脂を加熱硬化させることで、管の内部に新しくパイプを形成する工法です。

反転原理

ホースライニング法1 ホースライニング法2 ホースライニング法3
シールホールの先端が、圧力の作用を受けて反転しようとします。 圧力を加え続けますと、シールホースは反転しながら前方へと進むことになります。 シールホースと既設管は摩擦が生じることなく、既設管が長くても反転挿入することができます。
パルテム技術協会より掲載承諾済み)
1管内調査 2管内洗浄 3反転挿入
ホースライニング法手順(管内調査) ホースライニング法手順(管内洗浄) ホースライニング法手順(反転挿入)
管内(ヒューム管)の躯体表面は経年変化により表面等が劣化しています。 高圧(超高圧)洗浄によりコンクリート表面の付着物(硫化物)及び体積土砂等の除去を行います。 管内に鋼製リングをボルトナットで固定します。(鋼製リングは、コンクリ-ト構造物の鉄筋と同様の鉄製です)
4加熱硬化 5取付管穿孔(穿孔機) 6検査
ホースライニング法手順(加熱硬化) ホースライニング法手順 取付管穿孔(穿孔機) ホースライニング法手順(検査)
フローリング工法により更生管は補強改築され、躯体強度も増強された頑強な管となります。 既設管と更生管の隙間に高流動性の裏込め材(フローリングモルタル)を注入します。目視で注入状況も確認できます。 鋼製リングにポリエチレン製の嵌合部材と表面部材を設置します。(表面部材が管内面となります

ホースライニング法 図1

ホースライニングされた下水道管

ホースライニング施工後の下水道管には、強靭な保形管路が形成されます
強く、そして新しくよみがえった下水道管は、侵入水などの外部からの影響を完全に遮断し、管内内容物の流出もなく、環境問題を未然に防ぎます。

ホースライニング法 図2

 会社案内

沖縄クリーン工業事業本部外観;画像

有限会社 沖縄クリーン工業

本社
那覇市久茂地3-29-41
Tel:098-951-0370 / Fax:098-951-0371
事業本部
※平成27年11月4日より西原町へ移転しました 西原町字小那覇512
Tel:098-835-8122 / Fax:098-835-8123
フリーダイアル:0120-094-889
石川リサイクル工場
うるま市石川山城686
Tel:098-982-5910 / Fax:098-982-5911

沖縄県産業廃棄物協会青年部会

沖縄クリーン工業の採用情報

平成29年度高卒採用について

エコキャップ推進協会

ページの先頭へ